木造住宅耐震診断 木造住宅耐震改修

30年以内に、100年に一度とされる大規模地震が起こるとされています。

自分の命は自分自身でしか守れません。 ただ何からすればいいのか。非常食や近所の避難場所の確認も必要ですが、ご自身が住んでいる家が地震によって倒壊してしまったら、逃げるどころではありません。

建築基準法では、家は壊れてもいいが倒壊してはいけない、つまり避難出来る時間を作りなさいとされています。

昭和56年以前は旧基準で大きな地震で倒壊してしまうデータがあります。

昭和56年から平成12年も建築金物が十分でないおそれもあり、基礎と土台が外れてしまう事例もあります。

最新の住宅でも細長い建物やビルトインなど、住宅を専門家が全体的に見る事が重要だと思います。

耐震改修工事の一例を紹介します

武蔵村山市のH様邸。昭和40年に立てられた木造住宅で、木造耐震診断の結果、現在の耐震基準に満たない数字が出たため、木造耐震改修工事をすることになりました。

耐震補強イメージ 耐震補強イメージ

まずは、古い壁を取り壊し、新しく構造用合板を張りますが、せっかく古い壁を取り壊したので、 新しい断熱材で気密性を高める工事をしました。

耐震補強イメージ 耐震補強イメージ

その上から、グラスロックと呼ばれる剛性の強い石膏ボードを張っていきます。

 
耐震補強イメージ 耐震補強イメージ

天井の梁に、大きな亀裂も見受けられたので、補強工事も行いました。 梁に対し平行に添え木を掛け、ボルトで木材の補強をしました。

耐震補強イメージ 耐震補強イメージ

最後に、クロスで仕上げて完成です。耐震補強に合わせて、クロスの張替え、畳の入れ替えも行ったので、新築同様のキレイな部屋になりました。

耐震補強イメージ 耐震補強イメージ

この工事(約200万円)では武蔵村山市から助成金で建築主さんへ40万円が返還されました。

同じ工事内容でも助成金があるのとないのとでは大きな差があります。ハスミデザインは助成金の申請もサポートします。

ページ上部へ>>>